シアリス通販

シアリス通販/36時間効果の最新ED治療薬をご紹介

シアリス通販

 

ED治療薬シアリスは、病院で処方してもらう事は出来ますが個人的に薬局で購入する事は出来ません。

 

安全安心を考えた時、病院を受診して医師の問診を受け処方箋を書いてもらい、病院が保証している薬を処方薬局から購入する方法が100%間違いありません。

 

なので、最初は必ず病院を受診する事をお薦めします。

 

ただ、2回目以降は診察料や保険適用外であるシアリスの価格などを考慮して、インターネット通販から購入する事も一つの方法です。

 

 

さらに、シアリスのジェネリック薬であれば、格安で手に入れることも可能です。

 

何と言っても、泌尿器科を受診する事はやはり抵抗がありますし、薬局のスタッフも女性の場合が多いので、何となく気恥ずかしい感じは否めませんよね。

 

その点、インターネット通販であれば、全く他人の顔を見る事もなく、品物も自宅まで配達してもらえます。

 

しかし、通販は良い事ばかりではありません。

 

ネット上に出回っている薬の80%は偽造品(ニセモノ)であると言う調査結果もあるくらい偽造品(ニセモノ)が多いんですね。

 

 

やっかいなことに、「ネット上に偽造品が出回っていると思いますか?」と言う質問に97.5%の人が「はい」と答えていますが、75.4%の人は「自分では偽造品と本物を区別できないと思う」と答えています。

 

さらに、「自分がネットで購入した物は本物だと思う」と答えた人が87.7%に上るんです。

 

この87.7%の人達が購入した薬は、はたして「正規品(ホンモノ)」だったのでしょうか?

 

病院の医師のような専門家から、「お墨付き」をもらって手に入れたものではない事は確かですよね。

 

あくまでもインターネットで購入した物は「自己責任」であることを肝に銘じて、金額の安さやウェブサイトの甘い言葉などにだまされないで、「正規品」を購入したいものです。

 

シアリスの通信販売をもっと詳しく知りたい方は次のページからわかりやすく解説してあります。

 

ED治療薬シアリスの紹介

 

現在発売されているED治療薬は3種類です。

 

「バイアグラ」「レビトラ」そして「シアリス」です。

 

シアリスは最も新しいED治療薬ですが、最大の特徴である「持続時間の長さ」は20mg錠で最大36時間という驚異的な長さを誇っています。

 

ちなみに、「バイアグラ」「レビトラ」は5時間から8時間の持続時間なので、シアリスは約4倍もの持続時間があるという事になります。

 

このように長い時間効果が持続する理由は、シアリスの分子構造にあります。

 

 

シアリスの分子構造はとても強く、身体の中で簡単には分解されず、徐々に分解されていくため長い間効果が持続するんです。

 

いっぽうバイアグラやレビトラは、身体の中で分解される時間が短いため効果が早く現れますが、持続時間は短くなります。

 

「レビトラ」などは早い人ですと、5分程度で効果を実感できる場合があります。

 

シアリスを服用して、実際効果が表れるのに1時間程度は掛かりますので、ベッドインの1時間以上前に服用する事をお薦めします。
シアリスは、副作用の面からも最新のED治療薬という事もあり、かなり改善されています。

 

「バイアグラ」や「レビトラ」で副作用が出てしまった方でも、シアリスを使用したら副作用が出なくなったというケースが多くあります。

 

シアリスには、10mg錠と20mg錠の2種類があり、クリニックで処方してもらった場合、それぞれ1錠の値段は10mg錠が1700円20mgが1錠2000円となります。

 

クリニックで処方してもらう方法以外に、インターネット通販から購入する方法もあります。

 

インターネット通販ですと、クリニックで処方してもらうよりだいぶ安く購入することが出来ますが、副作用等についてはあくまで「自己責任」になりますので、よく理解しておく必要があります。

 

また、インターネット通販でシアリスを購入する際に最も注意しなければならない事は、シアリスの「ニセモノ」を購入してしまわない事なんです。

 

ネット上で流通しているお薬の80%が「ニセモノ」であり、ED治療薬については、60%近くが「ニセモノ」であったという調査結果もあるくらい「ニセモノ」が多い状況です。

 

「ニセモノ」の製造現場は不衛生で劣悪な環境なので、思いもかけない副作用の可能性もあります。

 

身体の中に入って効果を表すED治療薬なので、「ニセモノ」のED治療薬だけは避けたいところです。

 

ここのサイトは「正規品」のみを扱う業者を紹介していますので、安心してご購入いただけます。

 

36時間効果でウイークエンドピルとも呼ばれているシアリスをもっと詳しく知りたい方はこちらをご覧ください

 

シアリスの個人輸入

 

インターネット通販でシアリスを購入する場合、法律上一定の数量であれば輸入が認められています。

 

ただ、個人で輸入の手続きをするとなると、事務手続きなど煩雑な作業が多く、英語に堪能な方であれば良いのですが、書類作成など困難なことが多くなります。

 

そこで、文字通り個人の輸入を代行する「個人輸入代行業者」を利用して購入する事になります。

 

上手にインターネット通販を利用すると、日本国内で購入するよりかなり安価でシアリスを手に入れることが出来ます。

 

 

さらに、シアリスのジェネリック薬であればさらに値段が安くなります。

 

インドなど、海外の医薬品メーカーはジェネリック薬に力を入れているので、高品質で効果に遜色のない薬を作っています。

 

医薬品の個人輸入に関する詳細は、下記のサイトを参照してください。

 

医薬品等の個人輸入について

 

シアリスを国内のクリニックで処方してもらう場合、健康保険の適用を受けることが出来ません。

 

なので、「自由診療」と言ってクリニックが自由に料金を決められることになります。

 

例えば、インフルエンザの予防接種なども保険が適用になりません。

 

その場合、クリニックによって、1回2000円〜4000円の幅があります。

 

倍近くの差があること自体理解に苦しむところですが、自由診療の利益がかなりクリニックの収益源になっている事は事実のようです。
このような事からも、医療の分野はかなり優遇されている事がわかります。

 

金額の決め方にしても、スーパーなどでは十円の単位までで価格を決めています。

 

例えば「1980円の牛肉」というような値段の設定ですが、クリニックの場合はほぼ1000円単位の金額になっています。

 

その点、海外から個人輸入するシアリスなどは、金額の単位が10円単位になっています。

 

国内の診療報酬は厚生労働省が管理しており、全国どこの医療機関でも同じ値段です。

 

保険証さえ持っていればどんな田舎の診療所を受診しても、同一の治療費で治療を受けられる安心感があり、「国民皆保険」の制度は世界に誇れる制度ではあります。

 

しかし、もう少し医療機関同士の自由競争を促し、治療費や薬代を安くすることは出来ないものでしょうか。

 

最近では、医薬分業がほぼ終了し国の政策もあり、薬局でも積極的にジェネリック薬品を患者さんに薦めるようにはなって来ました。

 

それでも、欧米の国などと比べるとまだまだ、ジェネリック薬品の普及は進んではいません。

 

インターネット通販で個人輸入が簡単に出来るシアリスの事をもっと知りたい方はこちらからお入りください

 

シアリスジェネリック

 

シアリスは、10mgと20mg以外に存在しないんですが、100mg200mgを販売している業者を見かけます。

 

あくまでも「正規品」のシアリスは10mgと20mgのみとなっています。

 

ネット上では、このように偽物のシアリスが、平然と本物として販売されているので、注意が必要です

 

シアリス100

 

「タダシップ」や「メガリス」など、シアリスのジェネリック薬はいくつか発売されています。

 

本来であれば、シアリスが日本で発売されたのが2007年なので、特許期限が20年のシアリスはジェネリック薬品の製造が出来ないはずです。

 

しかし、インド製のシアリスジェネリックはインド国内の特許に関する特殊な事情によってジェネリック薬品の製造が可能なんです。

 

その特殊事情とは、インドと言う国の薬に関する特許の考え方が、他国との連携がなく独立した考え方で特許を扱っているためにこのような事が起きているのです。

 

インドでジェネリック 薬の製造が発展した要因の一つが、1970 年特許法です。

 

1970 年特許法は、医薬品を含む食品・化学品などに対し、「物質特許」を一切認めず、「製法特許」制度を採用しました。

さらに、新規の製法に与えられる「製法特許」の存続期間を7 年にしました。

 

この事によって、異なった製造方法であれば、同じ効果の安い医薬品を製造することができ、欧米で開発された「新薬」に対する特許使用料を払わずに、ジェネリック薬品を合法的に製造することが出来ました。

 

その後、WTO の知的所有権の貿易関連の側面に関する協定(TRIPS 協定)の開発途上国に対する免除間
の終了に伴い、2005 年からはTRIPS 協定を完全に遵守することが義務づけられました。

 

しかし、インド国内で欧米などの製薬会社が特許を取得する事は、非常にハードルが高く困難でした。

 

2005年以降も、インド国内で特許期限が満了していない新薬のジェネリック薬品を製造しても何ら問題はない状況にあります。

 

インド製のジェネリック薬は「安かろう悪かろう」ではなく、高い技術力によって製造された高品質な薬品です。

 

インドの大学では、優秀な化学系の学生が多数在籍しており、インドの医薬品製造に係わる企業数は2 万社以上に及びます。

 

また、アフリカなどの発展途上国で活躍している「国境なき医師団」が使用している医薬品の80%以上はインド製のジェネリック薬品であり、エイズ治療で使用されている薬の84%がインド製のジェネリック薬品です。

 

もはや後進国にとって、インド製のジェネリック薬品抜きにはそれらの国の医療制度は維持できない状態にあります。

シアリスの通信販売をもっと詳しく知りたい方はこちらをご覧ください

 

国産バイアグラジェネリック

 

「バイアグラ」の成分である「シルデナフィル」の「物質特許」が2013年5月17日に特許権存続期間を満了し、勃起不全治療の「用途特許」が2014年5月13日に満了した事で、正式にどの製薬メーカーでも「バイアグラジェネリック」を製造できるようになりました。

 

国産バイアグラジェネリックを最初に発売したのは東和薬品株式会社です。

 

2014年5月19日に、1錠1200円の価格で「シルデナフィル OD 錠 50mgVI・トーワ」という商品名で発売を開始しました。

 

シアリスについては、まだ特許期限が満了していないので、国産のジェネリックを製造する事は出来ません。

 

ただ、テレビなどのマスコミであまり「国産バイアグラジェネリック発売」の記事やニュースは目にしません。

 

実際泌尿器のクリニックに行っても、バイアグラジェネリックを扱っている所はあまりありません。

 

その原因は価格にあります。

 

通常ジェネリックは、新薬に比べて約半分ほどの価格で発売されますが、国産バイアグラジェネリックは決して安い金額ではありません

 

日本のジェネリック薬品のメーカーでは、多少金額が高くてもバイアグラのジェネリックであれば間違いなく売れるであろうと判断した結果、高めの金額設定になったのかもしれません。

 

ちなみに、インターネット通販で海外からバイアグラジェネリックを購入すると、国産のバイアグラジェネリックよりだいぶ安く購入することが出来ます。

 

今からバイアグラジェネリックを購入する場合、国産の「安全性」「安心感」を取るか外国製の「安さ」を取るか少し悩ましくなりそうです。

 

値段的にもお得なシアリスジェネリックををもっと詳しく知りたい方はこちらをご覧ください

 

シアリス通販・ジェネリック薬普及

 

少子高齢化に伴い日本の医療保険財政は危機的状況に至っています。

 

このままでは健康保険制度の維持が難しくなってしまいます。

 

財政の改善には、保険料を上げるか医療費を下げるかの2つしか方法はありません。

 

高齢者の貧困が話題になっている中で、保険料を値上げする事はなかなか難しい事です。

 

そこで、厚生労働省は平成30年3月末までに、ジェネリック医薬品の数量シェアを60%以上にするという目標を掲げ、後発医薬品の使用促進のための施策に積極的に取り組みはじめました。

 

ジェネリック医薬品を使う事によって、患者の負担軽減とともに医療費を抑制しようという訳なんですね。

 

日本は世界第2 位の医薬品消費国ということもあり、外国のジェネリック薬品メーカーも日本市場への関心は非常に高いと言われています。

 

ちなみに、欧米では新薬の特許が満了した1ヶ月後には、ジェネリック医薬品が市場の約80%を占める事もあるくらい、ジェネリック医薬品が浸透しているんです。

 

その中にあって、インドの製薬産業が注目されているんです。

 

インドは、欧米先進国に比べると約55%程度と推測される生産コストの低さや、化学を学ぶ学生数の多さなどの人材面での優位性、インド国内の特許制度の特殊性などの強みを持っているんです。

 

そのような強みを生かして、インドのジェネリック医薬品の製薬メーカーが力をつけ、海外のジェネリック医薬品メーカーを買収するなど積極的な海外直接投資をしているんです。

 

ジェネリック医薬品を使用する事は世界的な流れであり、国をあげてジェネリック医薬品の推進に取り組んでいる日本も、処方される薬のほとんどがジェネリック薬品になる日もそう遠くはないのかもしれませんね。

 

医療財政改革の施策のジェネリック薬品であるシアリスジェネリックをもっと詳しく知りたい方はこちらを参考にしてください

 

シアリス通販・PDE5阻害薬

 

シアリスと言う名前は「商品名」と呼ばれるもので、薬の名前は「タダラフィル」と言うんです。

 

この「タダラフィル」と「シルデナフィル」(商品名・バイアグラ),バルデナフィル(商品名・レビトラ)の3種類のED治療薬はPDE5阻害薬とも呼ばれているんです。

 

PDEとは、ホスホジエステラーゼ(PhosphoDiestErase)の略なんです。

 

PDEにはPDE3とPDE5の2種類があって、ED治療に関係があるのはPDE5なんです。

 

PDE5はペニスの中にたくさん存在していて、勃起を妨げてしまう物質なんですね。

 

細胞内セカンドメッセンジャーであるサイクリックGMP (cGMP)という、一酸化窒素を介してペニスの海綿体の平滑筋を弛緩させ、動脈血の陰茎海綿体内への流入量を高めて、 勃起を促進する働きをするED治療にとって大事な働きをする酵素をPDE5が分解してしまうんです。

 

なので、そのPDE5の働きを阻害してサイクリックGMP (cGMP)の濃度を上げる働きをするのが、「タダラフィル」「シルデナフィル」「バルデナフィル」なんです。

 

ちなみに、PDE3は主に血小板や心臓などに存在し、PDE3阻害薬である「ミルリノン」は急性心不全治療薬、「シロスタゾール」は慢性動脈閉塞症の治療薬なんです。

 

現在発売されている、シアリス、バイアグラ、レビトラはバイアグラが発売されるまで、EDに対する効果のある薬がほとんど無かった状況を一変させた画期的な薬なんです。

 

PDE5阻害薬シアリスジェネリックをさらに詳しく知りたい方はこちらを参考にしてください

 

ホーム RSS購読 サイトマップ